商店街応援隊派遣事業

 市内の商店街は、インターネット販売の普及等に伴う消費行動の多様化や長期に渡った新型コロナウイルス感染症拡大の影響などにより、非常に厳しい状況にあり、商店街数や会員数は、年々減少し、人手不足や高齢化、専任の事務局員の維持・配置が困難となっているなど商店街活動をするための基盤が十分ではないという課題を抱えています。

 本事業では、こうした課題を解決し、商店街の活性化を図るため、商店街の様々な困りごとに対し専門的なスキルを持った外部人材(応援隊)が、なかなか活性化を見出せない商店街や、更なる活性化に取り組みたい商店街の自主的な取り組みを支援し、市民の暮らしに身近な商店街の機能強化を図る事業です。

 札幌市商店街振興組合連合会は、札幌市の上記事業を受託し、審査を経て登録された「応援隊」を商店街に派遣する事業を実施します。

対象団体 札幌市内の商店街
派遣期間 令和5年12月~令和6年3月初旬まで
商店街の負担金 商店街の負担はありません。
今年度の応援隊派遣回数100回(予定)
派遣の申込 応援隊の派遣を希望される商店街は市商連「応援隊相談員」までご連絡ください。
お問合せ先 札幌市商店街振興組合連合会 応援隊相談員まで
TEL:080-2869-8855 FAX:011-210-4918
Mail:madoguti@sassho-ouen.com

◎「応援隊」の申請手順

1.ご相談ください!

 商店街のいろいろな悩みを、市商連の「相談員」へ気軽にご相談ください。

shien02.png

2.「相談員」が対応

「相談員」が商店街からの様々な相談に対応し、商店街が抱える課題に対応できる「応援隊」のコーディネートを行います。

shien03.png

3.「応援隊」の派遣

相談内容や必要性に応じて「応援隊」を派遣します。「応援隊」は、商店街と一緒に課題解決に取り組みます。

shien04.png

◎「応援隊」の活用例

・商店街の理事会、役員会などで、活性化へのアドバイスや議事録などの記録を残す支援

・札幌市や北海道など、補助金申請・報告の提出書類作成へのアドバイス

・イベントの計画や運営のための会議参加からイベント当日の支援、成果の確認など

・チラシ、パンフレット、マップ、HP、SNSなど、さまざまな魅力発信の支援

・POP作成、接客方法のアドバイスなど販売促進の目線にたった支援

・商店街の会計等の事務作業の軽減や改善するためのアドバイス

・商店街のトラブルなどで会議に出席し法律的な目線でアドバイス

・商店街と他の地域団体とのパイプ役

・空き店舗の活用などまちづくり、地域づくりの支援

・商店街の長期課題への調査、分析、計画、運営など